子どもたちにパソコンとパソコン講習会を贈る。

日本語 / ENGLISH

e2 project

e2プロジェクト(イーツープロジェクト)は、
(1) 企業等でご不要になったパソコン類を再資源化して、その売却益を使って、
(2) 児童養護施設等で暮らす子ども(高校生)や出身者にパソコンとパソコン講習会を寄贈する取り組みです。

パソコン講習会の様子

1―講習会スタート!

講習会の会場は基本的に多目的スペース「ロッカーズ・ルーム」ですが、支援企業さまの社屋が会場の場合もあります。ボランティアの皆さまには、事前に児童養護施設で暮らす子どもたちについてオリエンテーションを行っています。

2―パソコンと対面

全員が自己紹介を終えたら、パソコンを取り出します。それぞれの机に置かれたリフレッシュPCは、コンパクトで新品同様の品質です。マウスやUSBメモリ、テキスト、持ち運びに便利なバッグもついている、e2プロジェクトのオリジナルセットです。

3―学校や塾とは違うスタイル

e2講習会では全体の進行を務める講師に加えて、子どもとボランティアがペアで課題に取り組みます。わからない時はボランティアに教わったり、一緒に調べてもらったりしながら、自分のペースで学んでいくことができます。

4―オフィスソフトを習得

パソコンには Microsoft Office や、セキュリティソフト、タイピングソフトがインストールされています。講習会ではワード、エクセル、パワーポイントに加えて、インターネットやメールの使い方も学びます。

5―みんなで楽しくお昼ごはん

お昼ごはんのメニューは、みんながそれぞれ好きなものを選び、出前をとります。みんなで学校やアルバイト、お仕事の事などをおしゃべりしながら、楽しく昼休みを過ごします。

写真撮影:

6―社会人との交流の場でもある

e2パソコン講習会では、様々な職種で働く人がボランティアとして参加してくれています。施設を退所する前後の子ども達は、講習やお昼休みを通じて、普段関わることのない大人達と交流を持つ事で、視野を広げることができます。

7―パワーポイントでプレゼンテーション

講習会の最後には、子どもたちがパワーポイントでプレゼンをします。内容面でもプレゼンのスタイルの面でも、子どもたちの個性が一番際立つ場面で、ボランティアの皆さんやスタッフにとっても楽しみな時間となっています。

8―パソコンとともに、次のステップへ

参加した子どもは講習会で使ったパソコンセットを自分のものとして持ち帰ることができます。
さらに、日商PC検定試験の合格を目指したい、あるいはもっと高度なスキルを学びたいという子ども向けに、フォローアップ講習の「e2プラス講習会」を定期的に開催しています。

*これまでの実施内容を参考にまとめてありますが、今後の開催では内容が変更になることもあります。

パソコン講習会に参加してくれた子どもたちの声

「講習会で初めて知る内容が、半分かそれ以上あった」

87.7%

質問「講習会の内容のうち、初めて知る内容はどの程度含まれていましたか?」に対する5段階の選択肢のうち「ほぼすべてが初めて知る内容だった」「半分以上が初めて知る内容だった」の回答数を合わせた割合。回答は無記名・任意、N=57人

「このイベントは、満足だった・有意義だった」

96.5%

質問「今回のイベント全体の満足度を教えてください。パソコン講習だけではなく、パソコンを使っていなかった昼休みなどの時間も含めます。」に対する5段階の選択肢のうち「満足」「やや満足」の回答数と、質問「今回のパソコン講習会は全体として有意義でしたか?パソコンを使っていなかった時間(昼休みなど)も含めて構いません。」に対する5段階の選択肢のうち「とても有意義だった」「どちらかというと有意義だった」の回答数を合計した割合。回答は無記名・任意、N=57人(満足度の質問N=42人、有意義さの質問N=15人)。

フォトギャラリー

写真撮影:、特定非営利活動法人ライツオン・チルドレン

e2プロジェクト これまでの実績

e2パソコン講習会と
出張パソコン講習会に
参加した子ども・退所者の数

273

2018年10月末時点の実績

2018年度

23

2018年10月末現在

2017年度

50

2016年度

60

2015年度

34

2014年度

26

児童養護施設等との連携

これまでに以下の児童養護施設・自立援助ホームの皆さまにご協力いただきました。

(2018年2月末現在、順不同・敬称略。*印は自立援助ホーム、**印は母子生活支援施設、( )付は出張講習会のみ)

希望の家

二葉学園

二葉むさしが丘学園

品川景徳学園

東京家庭学校

聖ヨゼフホーム

おうぎ寮 *

目黒若葉寮

東京育成園

調布学園

クリスマスヴィレッジ

れんげ学園

双葉園

あすなろ荘 *

エス・オー・エス子ども村

救世軍機恵子寮

星美ホーム

小百合の寮

まつば園

東京サレジオ学園

鐘の鳴る丘少年の家

ベトレヘム学園

ツインリーフ松風

(野の花の家)

至誠学園

武蔵野児童学園

東京恵明学園

朝陽学園

至誠大空の家

板橋区立カーサはるにれ **

社会的養護に関わる皆さまへのご案内

子どもたちにパソコン講習会を無料提供

  • 対象は児童養護施設の入所児童・退所者や、その他社会的養護の子どもです。中学生以下の子どもは参加できません。
  • パソコン講習会への参加は無料です(昼食つき)。会場への交通費のみご負担ください。
  • パソコン講習会は2日間の日程で、ワード・エクセル・パワーポイントの使い方、インターネット利用時の注意点などを学習します。
  • パソコン講習会は、ライツオン・チルドレンのメンバーが講師を務め、支援企業の社員の皆さまにボランティアとしてご参加いただいております。

子どもたちへパソコンを寄贈

  • 2日間のパソコン講習会を修了した子どもには、講習会で使用したノートパソコン「Refreshed PC」と、マウス、USBメモリ、テキスト、バッグなど一式を寄贈し、持ち帰っていただいています。
  • パソコン寄贈を受けるには、パソコン講習会への参加が必須です。講習会に参加せず、パソコン寄贈のみを受けることはできません。
  • Refreshed PC」とは、マイクロソフト社の正規 Windows 10 がインストールされた高品質のユーズドPCのことです。さらに、ライツオン・チルドレンがマイクロソフト社 Registered Refurbisher Program を通じて Microsoft Office を購入し、このパソコンにインストールしています。

参加をご希望される場合やご不明な点がある場合は、ライツオン・チルドレン事務局までお問い合わせください。

企業等の皆さまへのお願い

e2プロジェクトでは、企業・事業所などの皆さまに、以下のご支援をお願いしています。

―企業などで不要になったパソコン類の寄贈

―パソコン講習会へのボランティア参加

1
まずはライツオン・チルドレンへメールでお問い合わせください。
  • 対象となる「パソコン類」には以下の物品が含まれます:企業等が所有されるデスクトップパソコン、ノートパソコン、タブレット、スマートフォン。それ以外の関連物品についてはお問い合わせください。
  • 1度の回収で30台程度かそれ以上のパソコン類があること、スペックや状態が一定以上であることなどが条件になります。
  • 個人・ご家庭のパソコン類の回収は基本的に受け付けておりません。ただし台数が30台程度かそれ以上ある場合には、対応可能な場合があります。お手元の端末の具体的な機種名等と住所を添えてお問い合わせください。
2
回収日時を設定し、覚書を交わします。
  • 御社とライツオン・チルドレンの間で覚書を交わします。貴社にご寄贈いただいたパソコン類は日本アイ・ビー・エム株式会社(以下、IBM)が査定とデータ上書き作業を実施し、IBMからライツオン・チルドレンへ買取代金相当分の金銭が支払われます。会計上は貴社からライツオン・チルドレンへ同額の寄付があったものとみなし、ライツオン・チルドレンが貴社に寄付受領書を発行します。
3
パソコン類を回収し、データを消去したうえで、再資源化します。
  • IBM がパソコン類を回収し、自社のPC再生工場(IBM日野工場リファービッシュ・センター)にて動作確認を目的としたデータ上書き消去作業を実施の上、リユースされます。リファービッシュ・センターの見学や、データ上書き作業終了報告書の発行を承ります。IBMのサービス詳細はこちらのページをご覧ください
  • ご寄贈いただいたパソコン類はIBMにて全品チェック、再生し、高品質なリフレッシュ製品として再販・再利用 (リユース) されます。 正規のOSをインストールされた再生PCの一部はライツ・オンチルドレンを通じて、子どもたちに提供されます。
4
ご寄贈いただいたパソコン類の売却代金を利用して、Refreshed PC を購入します。
  • IBMによる買取金額相当分を、御社からライツオン・チルドレンへの寄付いただいたものとみなします。ライツオン・チルドレンはこの寄付を使って IBM Refreshed PC やその他の備品を購入します。
  • IBM Refreshed PC」とは、正規 Windows 10 がインストールされた高品質の再生PCのことです。
  • このパソコンにインストールする Microsoft Office は、ライツオン・チルドレンがマイクロソフト社 Registered Refurbisher Program を通じて購入します。
5
2日間のパソコン講習会を実施し、子どもたちに Refreshed PC を贈ります!
  • パソコン講習会の対象は児童養護施設の入所児童・退所者や、その他社会的養護の子どもです。
  • パソコン講習会は2日間の日程で、Word、Excel、Power Point の使い方、インターネット利用時の注意点などを学習します。
  • パソコン講習会は、ライツオン・チルドレンのメンバーが講師を務め、支援企業の社員の皆さまにボランティアとしてご参加いただくことが可能です。

e2プロジェクトにご協力いただいた企業の皆さまの声

ご協力いただける場合やご不明な点がある場合は、以下までお問い合わせください。

お問い合わせフォームを開く

e2プロジェクトに関するお問い合わせ:
特定非営利活動法人ライツオン・チルドレン 事務局
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町30-12 マイア渋谷桜丘201
infolightson-children.com