【クッキング】挽肉×生にんにく、タバスコ、ケチャップ、粉チーズでキーマカレーを作る

7月23日にロッカーズ・ルームのクッキングクラスを開催しました。
この春に児童養護施設や里親のもとを離れてひとり暮らしを始めた4人の女の子たちが遊びに来てくれました。
企業からのボランティアの方をお迎えして、子どもたちと2人ペアになり、みんなでキーマカレーと即席漬物を作りました。


どのペアも、みじん切り(特にたまねぎ!)に苦戦していました。


挽肉は暑さで傷みやすいので、よ~~~く加熱するよう、念入りに火を通します。
ちなみに「キーマ」はヒンディー語で「挽肉」といった意味らしいです。

今回はキーマカレーのレトルトのルーを使いましたが、さらに生にんにく、タバスコ、ケチャップ、粉チーズなどをお好みで入れて、それぞれのペアの味に個性が出ました。
ボランティアさんによると、野菜の切り方によっても、味の出方が変わるそうですよ。

最後はみんなで食べ比べです。どの班もおいしい!

さらに今回は、牛乳とお湯でできる「杏仁豆腐の素」も紹介。
コンビニで1個買う価格で、手作りなら4つも作ることができます。
フルーツの缶詰をトッピングしていただきました。

みんなの仕事や学校のこと、住んでいる地域のゴミ出し事情、海外に行ったことなどをお話しして、あっという間に時間が過ぎました。

最後はみんなに食材のお土産を渡して終了。
みんな、また来てね!

ボランティアの皆さま、どうもありがとうございました!

* * * * *

クッキングクラス「オレンジクラブ」では、渋谷のロッカーズ・ルームに子どもたち(主に児童養護施設・里親のもとを離れた子ども)とボランティアの皆さまで集まって、安くて簡単に作れる料理にトライしています。作ったお料理は、ランチとして、全員で楽しくいただきます。
詳しくはこちら

36